quatre-quarts

お菓子教室カトル・カールのブログです。
http://www.cakeqq.com/

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< プール  2012年9月のスケジュール >>

Blue&White

蒸し暑いので爽やかな色の話題でも。

Blue&White。骨董のお皿の色です。




上写真はおニューのお皿。
先日、金沢の帰りに車で立ち寄ってもらった長浜で買いました。
重かった。けど,買って大満足。




豆皿。珍しい手書き。裏もかわいい。





ひとまわり大きめ。取り皿なんかに重宝するサイズ。





大きめの印判。
ずっと欲しかったこのサイズ,この柄。
あえて,パスタやサンドウィッチを盛りつけたら,きっと似合うはず。


以下は以前に買った物を少しご紹介。




京都のアンティークショップで買ったお皿。
お惣菜を入れたり,取り皿になったり,ほぼ毎日活躍中。





お湯呑。大学生のときに大阪のギャラリーで買ったもの。
淡いブルーの印判プリントが可愛い。




京都の弘法市で購入。大学生の時にたぶん,これが初めて買った骨董のお皿。
おまけしてもらって随分安く買いました。
同じような物をお店で見ると,その4倍ぐらいの値段で売られています。




我が家にあるBlue&Whiteの骨董皿集合。
同じ人間が選んでいるから?全部似た雰囲気。
同じ柄でも微妙に色合いや柄がずれているのが魅力です。

どれも100年以上前の物。ここに着くまでどうやって作られて,誰にどんな風な使われ方をしていたのだろう・・・なんて時々ふと思いながら,丁寧に大切に使い続けるつもり。


デザインや柄はお皿を手に取って,盛りつけたイメージがぱっと浮かんだら買ってしまいます。
それから,どんなお皿でも一気にワンセット(6客とか)買い揃えることはほぼしません。
まず2つずつぐらいを買って,使って,気に入ってから考える方。
万が一売り切れても,それはそれ。
テーブルの上がみんなお揃いでなくても,ニュアンスが揃ったお皿で,ちょっとずつ違うお皿を使うのもが楽しいし,気に入っています。






器うつわ | - | - | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>